*  若手・女性研究者ランチミーティング [#m5ccfa2e]
- 日時:2016年9月14日(水) 12:20-13:30
日本応用数理学会2016年度年会(2016年9月12日~14日,北九州国際会議場)における「若手・女性研究者ランチミーティング」において,若手の会の活動の一環として,若手研究者のチュートリアル講演を2件を行います.
-年会Webページにおける情報はこちら:
http://annual2016.jsiam.org/program#1423
#br
日本応用数理学会2016年度年会(会場:北九州国際会議場)における企画の一環として,
若手研究者による2件のチュートリアル講演を行います.
-講演情報:
--講演者氏名:友枝明保~
講演者所属:武蔵野大学工学部数理工学科~
講演タイトル:交通流の数理-数理モデルでの表現・解析・理解・発展~
講演概要:交通流研究の一つのゴールは,交通渋滞を解消する方策を導くことである.
本チュートリアルでは,交通流研究の流れに沿って,
現象を表現する数理モデルの構築からスタートし,
数理モデルの解析を通じた現象の理解,
さらには,渋滞を解消する方策など,
数理モデル研究から得られた知見について概観する.
#br
--講演者氏名:木村欣司~
講演者所属:京都大学大学院情報学研究科数理工学専攻~
講演タイトル:離散可積分系によるビッグデータ解析~
講演概要:ビッグデータ解析において、主成分分析は重要な道具の一つであり、
それを実行する上で、Thick restart Golub-Kahan-Lanczos(TRGKL)法は、有用である。TRGKL法には、上2重対角行列の特異値分解を複数回解くフェーズがあり、
QR法、分割統治法、直交QD法、2分法、dqds法、逆反復法、MRRR法などを用いる。直交QD法とdqds法は、離散可積分系と解釈できるため、離散可積分系の知識を利用した実装が可能である。単体のアルゴリズムの比較実験に加え、TRGKL法にQR法または直交QD法を組み込んだ場合の比較実験の結果も紹介する。



トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS